栗山町の家達 No.37・38・40・41・43〜47 曙団地
栗山町南東部、角田に位置する曙団地は1967〜1970年に完成しました。
簡易耐火構造平屋建・2階建、20棟・100戸の共同住宅で老朽化が激しく建替事業となりました。2015年より木造2階建8戸2棟づつ

建設され,2019年では9棟の住宅と集会場が完成します。2020年には外構工事・植栽が行われ「集って住まう楽しい階団地造り」を
目指します。既に6棟の住宅が完成し、2019年に更に2棟が完成します。旧住宅を解体しながら老齢化した住人の移転する計画は
バリアフリー化は勿論のこと、暖かくオール電化による火災等からのがれる安全性を考慮しました。
全体72戸の住宅では、3LDKの子育て支援の住棟も用意されています。完成が待ち遠しく思っています。

写 真:KEN GOSHIMA
構造規模:木造2階建/敷地面積:21703.19m2・延べ面積:657.54〜678.66m2/団地完成:2020年