里塚の家
26坪の小さな家です。敷地に緩やかな勾配がついているので、建物南面の斜面に芝生を植え、土留め代わりとしました。
物置と玄関は屋根続きとして、玄関ポーチを板貼りとしました。オーナーのご希望で、内外共に濃い茶系統をベースに
玄関戸と外壁の一部に白を使い、アクセントカラーとしました。少し大胆な気もしますが綺麗です。小さな家なので、
エネルギーは少なく済むとは思うのですが、これからの住宅、何のエネルギーを使うか、難しいですね。
構造規模:木造2階建/敷地面積:198.34m2・建築面積:48.57m2・延べ面積:86.66m2/竣工:2014年9月